スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

問合せ
MENU

投資サポート

  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
〒105-6014 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号
城山トラストタワー14階

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

コラム・レポート

2019.02.15

不動産投資コラム〈2019.2〉

〔駅の名前と物件価格〕 

阪神電鉄に「打出」という駅があります。その打出駅があるのは「兵庫県芦屋市打出町」その北側は「打出小槌町」といいます。せっかくなら「打出小槌」(うちでのこづち)という駅名にすればよかったのに。。と思ったのは私だけではないはず。

不動産業的視点にたてば、歴史やストーリーが背景にある、もしくは想起させる地名は、とりもなおさず「付加価値」となるのです。ましてや、打ち出の小槌は「富」を象徴するアイテムのはず。うーん、もったいない


ちなみに大阪府守口市には「松町」「竹町」「梅町」が並んでいるそうです。この「松竹梅」、地価に何らかの差があらわれているのでしょうか。興味深いです。

京急電鉄は、2020年にいくつかの駅名を変更すると発表しました。
競輪場のイメージが強かった「花月園」に、石原裕次郎ゆかりの「総持寺」の名称をいれて「花月総持寺」に変更したり、「新逗子」にブランド力のある葉山のネームを入れて「逗子・葉山」にするあたりは、まさに駅力の底上げに繋がります。

京急は、品川周辺の盛り上がりを契機にホテルや商業開発に取り組む一方、横浜以西エリアの再興がテーマとなっており、危機感が違うのかもしれません。

「高輪ゲートウェイ」が先陣をきって、「虎ノ門ヒルズ」が続きました。新駅ネーミングや駅名変更は、街の魅力や不動産価格に少なからず影響を及ぼしていきます。

平成の次の元号が気になるこの頃、駅のネーミングにも目を離せませんね。

これまでの配信のレポート

不動産投資コラム〈2019.3〉

〔地面師:古今東西〕  「地面師」が話題になりました。 不動産所有者を装い、買い手から...

2019.03.20

スタッフ ブログ vol.3

〔フラッグシップ〕  中国人の国民食って何だと思いますか? 麻婆豆腐でも餃子でもな...

2019.03.13

不動産投資コラム〈2019.2〉

〔駅の名前と物件価格〕  阪神電鉄に「打出」という駅があります。その打出駅があるのは「兵庫県...

2019.02.15

スタッフ ブログ vol.2

〔买一送一(マイイーソンイー)〕  レジで会計が501円になったとき、1円玉が財布にあっ...

2019.02.01

不動産投資コラム〈2019.1〉

〔屋上の建屋〕  「屋上屋を架す」という言葉があります。屋根の上にさらに屋根を造ることで「無...

2019.01.15

投資サポート

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
〒105-6014 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号
城山トラストタワー14階

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社