スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

問合せ
MENU

投資サポート

  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • 不動産経営のオーナー様向け資産管理アプリ

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
〒105-6014 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号
城山トラストタワー14階

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

コラム・レポート

2019.01.04

スタッフ ブログ vol.1

〔やっぱり現物〕 

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

みなさま初詣は行かれましたか? 当社のすぐ近くに「出世の石段」で有名な愛宕神社があるのですが、今年から電子マネーで賽銭を受け付けるようになったと話題となりました。

「電子マネーでご利益があるはずがない」と考えてしまうあたり、私は古い人間なのでしょうか。

実際、昔は米や農産物を奉納するのが「習わし」だったそうで、これが徐々にお金(お賽銭)に変わっていったときも、「違和感を感じる」とか、「不謹慎だ」とかで、民衆で物議を醸したんだそうです。

仮想通貨の流出が社会的にも大きな問題になったり、消費税増税対策におけるキャッシュレス決済の導入が検討されるこの時代、貨幣が誕生して以来のターニングポイント、まさに貨幣経済の歴史的な転換点と言えるのかもしれません。

一方、世界に目を向けるとハイパーインフレやデノミもありました。ベネズエラでは1ヶ月で物価が2倍のペースで上がるという事態がおこり、食品を買うにも大量の紙幣が必要となりました。

米ドルしか受付けない商店も増え大混乱となりました。原油輸出に経済の基軸を置いていたベネズエラは、原油価格の急落とともに貨幣価値の信任を失ったのがキッカケとされています。金保有の裏付けが貨幣価値を強くしている(私見です)スイスとは対象的です。

2019年の日本も、年明けから波乱含みの金融マーケット、先行きも不透明です。こうなると現物資産の安定性を再認識せざるを得ませんね。

これまでの配信のレポート

不動産投資コラム〈2019.11〉

〔フランチャイズ〕  セブンイレブンのフランチャイズ(FC)加盟店対応が頻繁にメディアに取り...

2019.11.27

不動産投資コラム〈2019.10〉

〔ルノアール〕  お客様と待ち合わせして商談するとき場所に悩みます。駅ビルカフェは混んでいる...

2019.10.10

マーケットレポート

〔売った方がいいマンション、売らない方がいいマンション〕  昨年あたりから首都圏の「ファ...

2019.09.20

スタッフ ブログ vol.6

〔お約束〕  エリザベス女王のハンドバッグの持ち方には意味があるといわれています。 ...

2019.09.20

不動産投資コラム〈2019.9〉

〔ビッグマック〕  どの店にいくか、なかなか意見がまとまらないときに「じゃ、マクドナルドにし...

2019.09.05

投資サポート

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
〒105-6014 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号
城山トラストタワー14階

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社