スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

問合せ
MENU

投資サポート

  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
  • スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
〒105-6014 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号
城山トラストタワー14階

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社

コラム・レポート

2019.05.15

不動産投資コラム〈2019.5〉

〔シェアオフィス〕 

シェアオフィスやコワーキングスペースって作りすぎとは思いませんか?

面積ベースで前年50%増と急拡大しているようですが、「WeWork」はじめ、このビジネス自体がまだ収益ベースには至っていないようです。

配車サービスの「UBER」もグローバルに飛躍しているものの、収益性は低い状況です。やはり「又貸しビジネス」はノンアセットビジネスである反面、所有者がその資産を活用するのに比して、収益性が落ちてしまうのかと考えさせられます。

現在のシェアオフィスも、利益よりシェア拡大のフェーズと位置づけているのかもしれません。サーブコープやリージャスといった外資フロントランナーに負けじと、大手デベロッパーもインキュベーション機能を付加したり、地方自治体は企業誘致の新基軸として、シェアオフィスを手がけています。ちょっと乱立気味と言えるかもしれません。。

もっとも、その受け皿となるスタートアップもずいぶん増えた印象です。新設法人13万社のうち、資本金500万円未満の会社が7割近くを占めていることからもそれはうかがえます。

ネット環境をプラットホームにできるようになり、起業の失敗コストが大きくさがったことが、スタートアップを後押ししている理由とされていますが、当然、参入障壁も下がっています。

特にフィンテック、クラウドファンディング、不動産ビジネスのスタートアップは少し多すぎではないかと思っています。将来、景気の下落局面を迎えるようなことがあれば、これらの淘汰と労働の再配分が心配されます。

おりしも、リージャスが(貸し会議室運営の)TKPに、日本事業を500億円で売却するという報道がありました。シェアオフィスが普及していない頃から、機を見るに敏で日本市場へと参入した、彼らのことですから、この撤退にも考えさせられるものがありますね。

これまでの配信のレポート

不動産投資コラム〈2019.9〉

〔ビッグマック〕  どの店にいくか、なかなか意見がまとまらないときに「じゃ、マクドナルドにし...

2019.09.05

不動産投資コラム〈2019.8〉

〔金閣寺最強説〕  以前〔金売買で課税売上割合を上げて消費税還付を狙う〕スキームについて触れ...

2019.08.05

不動産投資コラム〈2019.7〉

〔株主提案〕  ニッポン放送をめぐる一連の取引等で、一世を風靡した村上ファンドの村上世彰氏...

2019.07.15

提携ローンのお知らせ

融資エビデンス偽装の問題以降、個人投資家に対する不動産投資ローンは、厳しい状況が続いていますが、当...

2019.07.10

マーケットレポート

〔レインズから読み解くマンション市場〕  昨年あたりから「ファミリータイプの賃貸が強い」...

2019.06.28

投資サポート

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社
〒105-6014 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号
城山トラストタワー14階

スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズ株式会社